公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
大会・イベント

「第12回東北・北海道ブロックジュニア武術太極拳競技大会」

宮城県・仙台市で開催 選手98人が32種目に熱戦


【掲載:2016年10月15日】

9月18日(日)元気フィールド仙台宮城野体育館にて,(公社)日本武術太極拳連盟東北・北海道ブロック主催,「第12回東北・北海道ブロックジュニア武術太極拳競技大会」が開催された。

今年は,宮城県武術太極拳連盟が主管を務め,北海道25人をはじめ,総勢98人が参加して32種目に熱戦を繰り広げた。

前回までの集団競技部門を無くし,新しく南拳を導入,参考種目ではあるが国際第三套路も披露することができた。JOC参加選考種目の長拳Bや初級長拳は白熱した試合が行われ,ジュニア達のエネルギーが弾けた素晴らしい大会となった。最年少選手は宮城県の4才の女の子で,演武のときは会場の大勢の観客の皆様から温かい拍手が沸き起こった。

大会成績は以下のとおり。

(女子)長拳A①石澤涼葉(宮城県),(女子)長拳A短器械①大塚咲良(福島県),(男子)長拳B①鎌田慎ノ介(北海道)②細田花丸(北海道)③泉谷優介(秋田県)④牧野太一(北海道)⑤風祭奏(岩手県)⑥三浦大晟(岩手県),(女子)①古川萌華(岩手県)②森冬姫子(岩手県)③八重樫華凜(岩手県)④後藤咲稀(北海道)⑤山田優音(宮城県)⑥鎌田明日香(宮城県)⑦田北夏葵(北海道)⑧星七姫子(宮城県),(男子)パンダ長拳2組①古川湖貴(岩手県)②新妻賢明(福島県)③佐藤信宏(秋田県),(女子)①大竹沙奈(福島県)②千葉悠那(宮城県)③赤山伸子(宮城県),(男子)パンダ長拳1組①鈴木順正(宮城県),(女子)①赤山妙子(宮城県),(男子)ドラゴン長拳①武田拓磨(秋田県)②木村駈(秋田県)③佐藤叡人(秋田県),(女子)①新妻薫実(福島県),(男子)初級長拳①田中壮流(北海道)②樋ノ口大翔(岩手県)③牧野柊太(北海道)④児玉琥珀(宮城県)⑤佐藤建宏(秋田県)⑥斉藤翔麻(北海道)⑦高嶋里旺(北海道)⑧沓澤宙来(北海道)⑨大塚獅童(北海道)⑩大竹崚太(福島県)⑪谷藤蒼矢(北海道)⑫畠山蒼太郎(北海道),(女子)①古川莉世(岩手県)②和野絢(岩手県)③寺尾映室(北海道)④八重樫優希(岩手県)⑤和野佳歩(岩手県)⑥深瀬笑紅(山形県),(男子)南拳①高本陽向(北海道),(男子)長拳B短器械①鎌田慎ノ介(北海道)②森田剣士朗(北海道)③風祭奏(岩手県),(女子)①古川萌華(岩手県)②八重樫華凜(岩手県)③森冬姫子(岩手県),(男子)長拳B長器械①鎌田慎ノ介(北海道)②牧野太一(北海道)③森田剣士朗(北海道),(女子)①古川萌華(岩手県)②八重樫華凜(岩手県)③鎌田明日香(岩手県),(男子)初級短器械①田中壮流(北海道)②樋ノ口大翔(岩手県)③牧野柊太(北海道),(女子)①寺尾映室(北海道),(男子)初級長器械①児玉琥珀(宮城県)②田中壮流(北海道)③牧野柊太(北海道)④佐藤建宏(秋田県)⑤高嶋里旺(北海道)⑥斉藤翔麻(北海道)⑦大町壮真(宮城県)⑧和野弦太(岩手県),(女子)①寺尾映室(北海道)②和野絢(岩手県)③古川莉世(岩手県),(男子)24式太極拳①樋ノ口大翔(岩手県),(女子)①高津澪菜(北海道)②中村怜菜(岩手県)③鎌田有希奈(岩手県),(男子)総合太極拳①田中翔月(岩手県),(女子)①森風姫子(岩手県),(男子)ジュニア太極拳2①畠山蒼太郎(北海道),(女子)①山田優音(宮城県)②古川紗帆(福島県)③高津澪菜(北海道),(男子)ジュニア太極拳1①鹿糠智宏(岩手県)②和野弦太(岩手県)③新妻賢明(福島県),(女子)①八重樫優希(岩手県)②和野佳歩(岩手県)③星七姫子(宮城県),(女子)32式剣①高津澪菜(北海道),(男子)42式剣①田中翔月(岩手県),(女子)①斉藤優芽(岩手県)②三浦希乃佳(岩手県)③鵜飼瑚子(北海道)

(宮城県連盟 大会実行事務局・大沼陽子)


表彰を受けるジュニア選手たち

総勢98人のジュニア選手が参加して熱戦

 


©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード