公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
What's New

ジュニアA組(16~18歳)の競技種目「国際第三套路講習会」を開催

徒手・短器械・長器械の全種目を対象に,選手・コーチら64人が受講

東京・本部研修センター


【掲載:2015年11月15日】

「第三国際武術競技規定套路」(通称:国際第三套路)の講習会は,一昨年(2013年度)に徒手種目(長拳・南拳・太極拳),昨年(2014年度)が器械種目(刀術・剣術・南刀・太極剣・棍術・槍術・南棍)を対象に実施した。今年度は,徒手・器械(短器械・長器械)の全10種目を併せて,10月10~12日の3日間,東京・本部研修センターで実施された。日本連盟選手強化委員会(谷川大委員長)が派遣した強化コーチ10人と補助コーチ1人が講師を担当した。

国際第三套路の徒手種目は,今年度の「第23回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」で年齢A組男女の正式種目に採用され,来年度(4月2~3日,大阪熊取町・ひまわりドーム)は,加えて短器械種目の正式採用も予定されている。

今年8月に開催された「第8回アジアジュニア武術選手権大会」(中国・内モンゴル自治区)では,A組国際第三套路種目に日本代表選手6人を派遣し,金2・銀2・銅1の好成績を挙げている。

今回の講習会の担当講師は次のとおり。(敬称略)管理者=前東篤子(選手強化委員会副委員長),孫建明(同委員会ヘッドコーチ)

<太極拳・太極剣>孔祥東,荒谷友碩(補助),<長拳・刀術・剣術・棍術・槍術>神庭裕里,陳静,丹井均,高山宗久,<南拳・南刀・南棍>平井祐二,勝部典子,原田将司



陳静講師による国際第三套路長拳の講習

孔祥東講師による国際第三套路太極剣の講習

「国際第三套路講習会」受講者名簿

※各項目とも1種目以上受講した人を掲載

<太極拳・太極剣>

磯野水響,鵜飼瑚子,蝦名冬馬,大越依美,岡崎礼央,久留嶋幹夫,後藤瑞恵,齋藤優花,齋藤優芽,坂入花音,島田明日美,下川美富,関本早織,田屋美春,栃内涼花,野田恵,畑知風,林早苗,平田優花,星野裕,掘米昭義,三浦希乃佳

<長拳・刀術・剣術・棍術・槍術>

荒谷仁維,池内佳奈,石橋結羽,泉谷優介,牛木潤子,梅澤尭明,梅澤寿明,大田優子,大野雅也,大野莉玖,尾野透雅,勝部竜海,鎌田慎ノ介,貴田菜ノ花,久留嶋峻一,高龍大,宍倉龍空,修振杰,高橋喜子,竹内郁斗,田屋寛和,中田葉子,中山美咲,舟木美波,古川萌華,堀内愛斗,望月一求,森冬姫子,森美紅奈,八重樫華凜,山品なさにえる,渡邊愛梨,渡邊飛竜

<南拳・南刀・南棍>

石山雅士,大坪瑞智,大畑昌平,郡司和滋,久留嶋幹夫,佐藤大作,宍倉玲亜,修振杰,鈴木生武,山本千夏,渡邉琉


1日の講習は閉講式の抱拳礼で終わる


©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード