公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
What's New

2016年度公認太極拳A・B・C級指導員認定試験

C級は埼玉・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡の7会場で
申請期限=3月1日(火)都道府県連盟から日本連盟必着


【掲載:2016年2月15日】

日本連盟は2016年度の「公認太極拳A・B・C級指導員養成講習会・認定試験」を4月から5月にかけてA級=東京,B級=福岡・東京・名古屋・大阪・仙台,C級=埼玉・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡(実施日程順)で,それぞれ2日間の日程で実施する。

実施日・会場は表のとおり。

公認A級指導員認定

5月7日(土)~8日(日)

東京都・日本連盟本部研修センター

公認B級指導員認定

4月2日(土)~3日(日)

福岡市・ももち文化センター/ももち体育館

4月23日(土)~24日(日)

東京都・日本連盟本部研修センター

4月23日(土)~24日(日)

名古屋市・愛知県武道館

4月29日(金・祝)~30日(土)

大阪市・大阪トレーニングセンター

5月14日(土)~15日(日)

仙台市・仙台市民会館

公認C級指導員認定

4月9日(土)~10日(日)

埼玉県・埼玉県民活動総合センター

4月16日(土)~17日(日)

仙台市・仙台市民会館

4月16日(土)~17日(日)

東京都・日本連盟本部研修センター

4月16日(土)~17日(日)

名古屋市・愛知県武道館

5月1日(日)~2日(月)

大阪市・大阪トレーニングセンター

5月7日(土)~8日(日) 

岡山市・岡山市総合文化体育館

5月7日(土)~8日(日) 

福岡市・ももち文化センター/ももち体育館


下級の資格から順次受験が原則

公認指導員認定試験は下級の指導員資格を取得していなければ,その上の級を受験できないことになっている。

原則として,A級受験者はB級指導員資格と太極拳3段位を有すること。B級受験者はC級指導員資格と太極拳2段位以上を有すること。C級受験者は普及指導員資格と太極拳初段位以上を有していなければならない。指導歴・学習歴としてA級は年齢満35歳以上,指導歴10年以上,B級は年齢満30歳以上,指導歴5年以上,C級は年齢満25歳以上,指導歴3年以上をそれぞれ満たしていることが受験申請条件となっている。

A・B・C級とも教材は『太極拳指導教本』と『太極拳実技テキスト』

教材はA・B・C各級とも日本連盟発行の『太極拳指導教本』と『太極拳実技テキスト』を使用する。A級は学科の講習・試験を行わないが,従来の武術太極拳常識問題試験がある。A・B・C級認定の受講・受験者は事前に上記教本とテキストを必ず入手して,試験に備えることとする。教本・テキストはすべて都道府県連盟を通して購入すること。

認定試験の実施要綱は,申請書類一式および関係資料とともに1月下旬に各都道府県連盟宛に送付されている。日本連盟宛の申請手続きは,各都道府県連盟が一括して行なうこととし,都道府県連盟から日本連盟あての申請期限は3月1日(火)日本連盟必着。

「受講・受験票」は3月下旬までに日本連盟から都道府県連盟あてに送付する。


公認長拳指導員(普及・C級・B級)
-資格更新のお知らせ-

2011年度に「公認長拳普及指導員」および「公認長拳C級指導員」「公認長拳B級指導員」の認定登録,資格更新をされた方は今年の3月30日で存続機関(4年間)が満了をむかえます。

手続きに必要な申請書類については,日本連盟より該当される方へ1月に送付済みです。更新手続きは所属の都道府県連盟を通じて早めに行ってください。

更新登録申請の提出期限は2016年3月20日(日)に日本連盟必着ですので,3月上旬に都道府県連盟に提出してください。

更新後の資格有効期限は,2016年3月31日~2020年3月30日となります。


©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード