公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
What's New

ジュニアA組(16~18歳)の競技種目「国際第三套路講習会」を開催

徒手・短器械・長器械の全種目を対象に,選手・コーチら29人が受講

会場:大阪・大阪トレーニングセンター


【掲載:2016年8月15日】

「第三国際武術競技規定套路」(通称:国際第三套路)は,国内では昨年度の「第23回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」から年齢A組男女の正式種目に採用されている。国際大会では2012年の「第4回世界ジュニア武術選手権大会」から徒手・器械種目ともに採用されている。

昨年8月に開催された「第8回アジアジュニア武術選手権大会」(中国・内モンゴル自治区)では,A組国際第三套路種目に日本代表選手6人を派遣し,金2・銀2・銅1の好成績を挙げている。今年度のジュニアの国際大会は,9月29日から「第6回世界ジュニア武術選手権大会」がブルガリアのブルガス市で開催予定となっている。

日本連盟事業の本講習会は,2013年度に徒手種目(長拳・南拳・太極拳),2014年度に器械種目(刀術・剣術・南刀・太極剣・棍術・槍術・南棍),昨年度の2015年度には東京・本部研修センターにおいて,徒手・器械(短器械・長器械)の全10種目を対象に実施した。

本年度は,同じく全10種目を西日本を中心とした選手・コーチを対象に,7月29~31日の3日間,大阪・大阪トレーニングセンターで実施した。

講師は,日本連盟選手強化委員会(谷川大委員長)が派遣した強化コーチ7人が担当した。講師からは「講習には予習をして参加した人が多く,套路の講習自体はスムーズに進んだ。その反面,武術の基本動作が身に付いていない事が目立ち,ごく基本的な型や動作の方法,用法を丁寧に説明しながらの講習となった。普段の練習でも活用して続けて訓練してもらいたい」との感想があった。

今回の講習会の担当講師は以下のとおり。(敬称略)管理者=谷川大(選手強化委員会委員長),前東篤子(同委員会副委員長),孫建明(同委員会ヘッドコーチ)講師=<太極拳・太極剣>孔祥東,<長拳・刀術・剣術・棍術・槍術>陳静,丹井均,<南拳・南刀・南棍>平井祐二



丹井均講師が指導する長拳短器械の剣術種目

孔祥東講師が太極拳を指導する

「国際第三套路講習会」受講者名簿

※各項目とも1種目以上受講した人を掲載

<長器械>
中山美咲,石山雅士,後藤咲稀,寺尾枝留,井上欽太,杉本岳大,松島迅汰,森本閑,松本綾子,古野彩葉,真茅壱光,乾さくら,大坪瑞智,髙木千弘

<短器械>
田沢啓子,久留嶋幹夫,中山美咲,島田隼颯,畑知風,鵜飼瑚子,石山雅士,後藤咲稀,寺尾枝留,関本早織,井上欽太,杉本岳大,松島迅汰,王駿亮,森本閑,岸真優,大坪瑞智,宮尾宙尚,髙木千弘

<徒手>
田沢啓子,久留嶋幹夫,望月野乃香,中山美咲,島田隼颯,畑知風,鵜飼瑚子,石山雅士,後藤咲稀,寺尾枝留,関本早織,井上欽太,杉本岳大,池田優,松島迅汰,王駿亮,新小田光季,新小田広希,森本閑,近藤凜奈,髙谷琴美,岸真優,大坪瑞智,宮尾宙尚,髙木千弘



3日間の講習を終えてケガもなく閉講式を迎えた

©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード