公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
What's New

「第11回 東海北陸ジュニア武術太極拳大会」と「茨城国体公開競技
『武術太極拳』東海北陸ブロック選抜プレ大会」を併設開催

【掲載:2017年11月15日】

10月9日(月・祝),愛知県武道館において,「第11回 東海北陸ジュニア武術太極拳大会」と「茨城国体公開競技『武術太極拳』東海北陸ブロック選抜プレ大会」が同日開催された。2つの大会はその性格や競技ルール等が全く違うので,選手側や見る側の立場,また両大会を担当する審判員がルールの切り替えをしやすいように,前・後半に分けて実施した。前半で「ジュニア大会」を3コート体制で実施。引き続き後半は,2コート体制で「国体選抜プレ大会」を行った。

「ジュニア大会」のエントリー数は,男女合わせて188人で,参加選手は年々増加している。特に一昨年あたりから北陸地区の選手が大幅に増加,それまで当ブロックでのジュニア層の普及には大きな偏りがあったが,ここに来てブロック全体に着実な広がりを見せている。今回は編成時間に余裕がないため,第三套路種目と初級種目については,やむを得ず徒手・器械合計2種目以内の制限をかけた。こうした状況の中,複数の種目に出場する選手たちにとっては,3コート体制に加えタイトなスケジュールで,必ずしも良い競技条件下ではなかったと思うが,来年の「第26回 JOC大会」の選抜がかかった種目もあり,真剣かつ活気あふれる大会となった。

「国体選抜プレ大会」は,太極拳と長拳の2コート体制で実施。エントリー数はブロック単位にもかかわらず,少年の部:男女14人,成年の部:男女5人,シニアの部:7組とまだまだ少ない。来年度の本予選,翌2019年の本大会に向け,各県連のより一層の周知活動と選手育成が急務である。

審判業務については,今春の愛知県大会(太極拳の県予選)において,「国体リハーサル大会」として国体種目を組み入れ,他県の国体審判員(有資格者)の協力も仰ぎながら実際に競技,審判業務を行った経緯があり,そこでA組・B組の採点基準や手作業による集計システム等を経験した審判員を中心にして今回のプレ大会に臨んだ。結果として,競技進行は比較的スムーズに進めることが出来た。

一方で,国体審判員の今後の課題として……。

・国体審判員の数がまだまだ足りない
・A組の減点項目や基準の詰めや見直し
・各種目のB組の具体的な配点基準や等級範囲の設定等

こうした点の取り組みをさらに進めながら,まずは2019年第1回目の茨城大会の成功に繋げていきたい。

(東海北陸ブロック 国体委員長・中村剛)


長拳B三種目を制した高木勇吹選手の演武

<第11回東海北陸ブロックジュニア武術太極拳入賞記録>

国際第三・南拳(男子)優=狩野祥吾(愛知),国際第三・南刀(男子)優=狩野祥吾(愛知),国際第三・長拳(男子)①馬場天都(愛知)②奥村瑛仁(静岡),国際第三・長拳短器械(男子)①馬場天都(愛知)②奥村瑛仁(静岡),24式太極拳(男子)優=西垣秀之慎(愛知),32式太極剣(男子)優=西垣秀之慎(愛知),ジュニア太極拳1(男子)優=作村木政宗(富山),(女子)①多賀遥香(富山)②丸山杏(富山),ジュニア太極拳2(女子)優=宮田真有(富山),南拳(男子)①太田百哉(石川)②松川爽人(石川)③鈴木生武(静岡),南刀(男子)①松川爽人(石川)②太田百哉(石川)③鈴木生武(静岡),南棍(男子)優=①松川爽人(石川),長拳A(男子)①竹内了誠(愛知)②杉浦弘(愛知),(女子)優=西脇はずき(愛知),長拳A短器械(男子)優=西垣徳之輔(愛知),(女子)優=西脇はずき(愛知),長拳A長器械(男子)①杉浦弘(愛知)②竹内了誠(愛知),長拳B(男子)①高木勇吹(愛知)②田中駿志(愛知)③竹内郁斗(静岡)④小島光博(愛知)⑤渡邊飛竜(静岡)⑥吉田智貴(愛知)⑦浜坂修明(石川)⑧小川颯也(愛知),(女子)①望月野乃香(静岡)②安藤里紗(富山)③益田都羽(石川)④高木波南(三重)⑤梅村元香(愛知),長拳B短器械(男子)①高木勇吹(愛知)②田中駿志(愛知)③竹内郁斗(静岡)④小川颯也(愛知)⑤小島光博(愛知),(女子)①望月野乃香(静岡)②安藤里紗(富山)③倉嶋美寧(富山),長拳B長器械(男子)①高木勇吹(愛知)②竹内郁斗(静岡)③田中駿志(愛知)④渡邊飛竜(静岡)⑤小川颯也(愛知),(女子)①望月野乃香(静岡)②安藤里紗(富山)③高木波南(三重),初級長拳(男子)①東孝大朗(岐阜)②牧野百々太(愛知)③長﨑里樹(愛知)④川尻祥平(石川)⑤内藤照遥(静岡)⑥鵜飼海渡(愛知)⑦松本侑大(静岡)⑧髙瀨慎羅(静岡)⑧馬場日都(愛知)⑩松本圭太郎(石川)⑪杉山奏太(静岡)⑫鈴木立志(石川),(女子)①望月凛音(静岡)②鈴木愛(静岡)③米口めい(石川)④岡島百那(石川)⑤小川はな(静岡)⑥丸山杏(富山)⑦小川純佳(富山)⑧奥山果穂(三重),初級短器械(男子)①牧野百々太(愛知)②東孝大朗(岐阜)③内藤照遥(静岡),(女子)①望月凛音(静岡)②奥山果穂(三重),初級長器械(男子)①馬場日都(愛知)②長﨑里樹(愛知)③稲田晄(愛知)④杉山奏太(静岡)⑤松本圭太郎(石川),(女子)①小川はな(静岡)②山田ももこ(愛知)③米口めい(石川)③和嶋凛々愛(石川)⑤松下愛(岐阜),中学生長拳(男子)優=清澤樹(愛知),ドラゴン長拳(男子)優=村永大空(三重),パンダ長拳(男子)①近田遥大(愛知)②長谷川翔永(三重),(女子)優=村永果実(三重)

<茨城国体 東海北陸ブロック選抜プレ大会入賞記録>

【少年の部】ジュニア太極拳2(男子)優=西垣秀之慎(愛知),(女子)優=高木波南(愛知),初級長拳(男子)①馬場天都(愛知)②山田優樹(愛知)③小野原巧大(三重),(女子)①安藤里紗(富山)②倉嶋美寧(富山),【成年の部】26式太極拳(女子)優=桜井渚(三重),国際第一套路長拳(男子)①下起悦郎(愛知)②鵜飼匠海(愛知),(女子)優=中村楓(愛知),【シニアの部】太極拳推手套路(女子)①渡辺こずえ・中村和子(愛知)②落合規予子・根木香織(愛知)③高木圭子・藤田舞(三重)



©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード