1.参加資格:

日本連盟の公認審判員資格には、「公認太極拳審判員」と「公認拳術審判員」の2種類があります。これらの資格を得るためには、2年に1度実施される全国審判員研修会都道府県第1次試験と本試験に参加して養成講習会を受講し、認定試験を受けなければなりません。

全国審判員研修会・本試験に参加する人は、都道府県連盟会長の推薦を受けた人であって、なおかつ、下記の条件を満たす人でなければなりません。

1)「公認太極拳審判員」本試験申請者は、「太極拳2段以上(2~3段)」の技能検定登録をしている人で、都道府県第1次試験の「共通試験」に合格した人でなければならない。

2)「公認拳術審判員」本試験申請者は、「長拳2級以上」(2級~1級)の技能検定登録をしている人で、都道府県第1次試験の「共通試験」に合格した人でなければならない。

2.資格の範囲と職能:

資格の種類:「公認太極拳審判員」は一級、二級、三級の三種類、「公認拳術審判員」は一級、二級、三級の三種類、の資格とする。
各人が申請した資格の試験の成績に応じて下記の資格を発給する。

「公認太極拳審判員」の職能:

一級審判員 - 日本連盟が主催、後援、協賛する全国性の競技会、大会等の「太極拳種目」、「伝統拳術系種目」および「JOCジュニア大会拳術系種目」の執行審判員以上の審判業務をすることができる。また、都道府県大会の執行審判員以上の審判業務(種目限定無し)をすることができる。

二級審判員 - 日本連盟が主催、後援、協賛する全国性の競技会、大会等の「太極拳種目」、「伝統拳術系種目」の套路・業務審判員の審判業務をすることができる。また、都道府県大会の執行審判員以上の審判業務(種目限定無し)をすることができる。

三級審判員 - 都道府県大会の套路、業務審判員および所属団体大会その他の競技会等の審判業務をすることができる。

「公認拳術審判員」の職能:

一級審判員 - 日本連盟が主催、後援、協賛する全国性の競技会、大会等の「長拳・南拳および伝統拳術系種目」の執行審判員以上の審判業務(種目限定無し)をすることができる。また、都道府県大会の執行審判員以上の審判業務(種目限定無し)をすることができる。

二級審判員 - 日本連盟が主催、後援、協賛する全国性の競技会、大会等の長拳・南拳および伝統拳術系種目」の套路・業務審判員の審判業務をすることができる。また、都道府県大会の執行審判員以上の審判業務(種目限定無し)をすることができる。

三級審判員 - 都道府県大会の套路、業務審判員および所属団体大会その他の競技会等の審判業務をすることができる。