公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
What's New

第13回近畿ジュニア武術太極拳大会

新種目含む33種目に613人のジュニア選手がエントリー

「第23回JOCジュニアオリンピックカップ大会」
近畿ブロック代表選手選考会として選手のべ200人を選抜


【掲載:2015年1月15日】

(公社)日本武術太極拳連盟は12月21日,大阪府交野市のいきいきランド交野・スタードーム(交野市立総合体育施設)で「第13回近畿ジュニア武術太極拳大会」を開催した。2014府民スポーツ・レクリエーションフェスティバル組織委員会との共催,運営主管はNPO大阪府武術太極拳連盟(曽我部篤爾会長)が担当した。

大会は4月25・26日に神奈川県立体育センター(藤沢市)で開かれる「第23回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」の近畿ブロック代表選手選考会を兼ねて実施されたもので,全33種目に613人がエントリーした。参加選手数は292人。

競技部門は世界ジュニア選手権,アジアジュニア選手権などの国際大会と同じく,ジュニア規定競技部門A組(16~18歳),B組(13~15歳),C組(7~12歳)の3年齢グループとドラゴン長拳,パンダ長拳などの普及套路部門。

実施33種目のうち今大会からA区分の国際第三套路8種目(太極拳・太極剣・南拳・南刀・南棍・長拳・長拳短器械・長拳長器械)とB区分の総合太極拳・42式太極剣・南棍が新種目として採用された。

また,今回から太極拳種目は二種,南拳,長拳種目は三種の総合得点により順位を決定し,表彰を行った。普及套路部門では従来どおり一種目ごとの表彰を行った。

本大会の成績に基づいて,のべ200人が「第23回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」の近畿ブロック代表選手に選抜された。

開会式では大阪府連盟会長の曽我部篤爾大会会長が開会の挨拶を行い,最年少選手賞が2人(4歳,男女各1人)に授与された。

また,閉会式では松田日佐子大会副会長が閉会の挨拶を行い,西村誠志大会総審判長(日本連盟審判委員会委員長)の閉会宣言をもって大会を終了した。

*日本連盟近畿ブロックは大阪府連盟,兵庫県連盟,京都府連盟,奈良県連盟,滋賀県連盟,和歌山県連盟で構成される


「第13回近畿ジュニア武術太極拳大会」
国際第三套路男子太極剣の演武の模様

賞状と副賞のぬいぐるみを手にする
最年少選手賞の2人(ともに4歳) 

大会の成績(入賞)は次のとおり。

【ジュニア規定競技部門A】総合太極拳A二種総合(男子)①松島昂輝,長拳A三種総合(男子)①辻井響介,(女子)①多田葵②藤井舞花③山本紅瑠実,【ジュニア規定競技部門A 国際大会種目】 国際第三套路太極拳二種総合(男子)①大津朝陽,(女子)①花野宏美,国際第三套路南拳三種総合(男子)①大塚剛志,国際第三套路長拳三種総合(男子)①大津夕陽,(女子)①西村すみれ②岩井七彩③岩田まあり,【ジュニア規定競技部門B】24式太極拳B二種総合(女子)①平田計時,【ジュニア規定競技部門B 国際大会種目】 総合太極拳B二種総合(女子)①岸真優,南拳B三種総合(男子)①平林薫人,(女子)①磯部かんな,長拳B三種総合(男子)①高龍大②松島迅汰③池田優④真茅壱光⑤近藤稜真⑥古屋帆久登,(女子)①貴田菜ノ花②田中千尋③内田汐音④松島菜々春⑤根岸李帆⑥高谷美鈴,【ジュニア規定競技部門C】 初級長拳三種総合(男子)①中田琉月②庄野翔太郎③島田隼颯④中井龍之介⑤鬼追元⑥品川歩夢⑦安良城基睦⑧東本和将⑨小野颯楽⑩溝河悠斗⑪濵田大河⑫岡村将佑⑬早﨑舜介⑭神谷健斗⑮上野真聖,(女子)①泉更紗②宮川野乃花③休井美空④乾さくら⑤近藤凛奈⑥高谷琴美⑦佐々木茉莉⑧松島優果⑨古野彩葉⑩三輪柚奈,【普及套路部門】 ジュニア太極拳1(男子)①谷口亮斗,(女子)①平田恵時②佐古汐里③谷所妃莉,ジュニア太極拳2(男子)西野智貴,(女子)①花野宏美,パンダ長拳(男子)①藤本大馳②竹岡聡③中村勇大④山中みのり⑤本谷啓太郎⑥竹川隼人⑦松島優⑦阪口立樹⑨中村健亮⑩美濃良樹⑪鬼追力⑫三樹未来⑬東内志龍⑭翁瑞禧⑮伊豆田弦矢⑮荒川廉太郎,(女子)①山田玲②南野紗良③久下瑠那④磯田明日観⑤森岡愛菜⑥小西亜由弓⑦本谷菫令⑧宮川瑚々⑨小俵あこ⑩馬殿結衣,ドラゴン長拳(男子)①見邨拓海②今村優人③武井真樹④中間春貴⑤齋藤瞭⑥西海凪⑦山﨑汰地⑧野添莉功⑨山中みのり⑩伊添万志郎⑪島田恵杜⑫竹岡聡⑬吉岡宗良⑭美濃良樹⑮明柴理寛,(女子)①鴨川樹莉②南野紗良③森岡愛菜④山田玲⑤小俵あこ⑥久下瑠那,最年少選手賞(男子)俣野誠二・4歳,(女子)横山聖蕾・4歳





第10回北関東ブロックジュニア武術太極拳大会

栃木県足利市で開催 ブロック4県(栃木,群馬,新潟,長野)から103人が参加

第10回記念行事として招待選手らが演武を披露


【掲載:2015年1月15日】

(公社)日本武術太極拳連盟北関東ブロック(長野県・群馬県・新潟県・栃木県)主催の「第10回北関東ブロックジュニア武術太極拳大会」が11月30日,足利市の足利市民体育館で開催された。栃木県教育委員会,栃木県体協,足利市教育委員会,足利市体協の後援。

大会にはブロック4県からジュニア選手103人が参加した。内訳は長野県から7人,群馬県から37人,新潟県から22人,栃木県から37人。

大会開始式では高山守夫大会委員長(栃木県連盟理事長)の開会挨拶に続いて,和泉聡足利市長が来賓を代表して挨拶した。来賓は和泉市長をはじめ,吉田哲也足利市体育協会会長,福田茂夫(公財)足利市みどりと文化・スポーツ財団理事長。

競技の前に,今年で10回目を迎えた本大会の記念行事が行われた。日本連盟強化選手の市来崎大祐選手(2014年「第17回仁川アジア大会」男子長拳銅メダル)と佐藤直子選手(2013年「第12回世界武術選手権大会」女子太極拳銅メダル,2013年「第30回全日本武術選手権大会」女子太極拳第1位)が演武を行い,華麗な演武に観客の目はくぎ付けに。そのほか,北関東武術協会の孫超コーチと各県の難度種目優秀選手の演武も披露された。

表彰式の後,優勝選手の同時演武が行われ,続いて103人の出場選手全員によるカンフー集団演武で大会の最後を飾った。

「武術太極拳は2019年茨城国体から公開競技として4年間実施され,2022年には栃木国体が開催されます。選手の皆さん,国体選手を目指して頑張りましょう」

(高山守夫大会委員長)


高山守夫大会委員長から表彰を受ける入賞選手たち

大会の締めくくりは出場選手103人によるカンフー集団演武 

大会成績は次のとおり。

初級短器械・剣術(女子)①入澤朱里②淺川侑奈③淺川美月,初級長器械・棍術(男子)①長森嶺居②高山蓮③山口和起,(女子)優=田中虹々里,長拳B(男子)①室井笙維②阿部成真③粂川暁典,(女子)優=齋藤みのり,短器械A・剣術(男子)優=日里柊介,(女子)優=室井菜花,長器械B・棍術(男子)優=阿部成真,初級長拳(男子)①高山蓮②若松佑③長森嶺居④相川斗吾⑤三木彰紀⑥林泰聖⑦安類渓太⑧田村白都,(女子)①淺川侑奈②橋本蘭々③淺川美月④金子杏那⑤福永真子⑥入澤穂乃花⑦古林みなみ⑧出牛遥夏,パンダ長拳(男子)①北原秀磨②皆川拓海③内田健太④倉澤宏輔⑤篠田琉太朗,(女子)①出牛遥夏②黒岩万桜③齋藤かのこ④志和唯佳⑤小林加穏⑥高山莉音⑦川島才佳⑧岡田陽璃,ドラゴン長拳(男子)①高山蓮②青木一隼③林泰聖④大塩裕真④齋藤敬嗣⑥高橋渚生⑦和田琥太郎⑧小澤遥斗⑧白澤涼太,(女子)①小堺美空②田中虹々里③荻山夏珠葉④金子杏那④福永真子,24式太極拳(男子)優=山口和起,(女子)優=清水沙弥香,ジュニア太極拳1(男子)優=石内柾翔,(女子)①砂川実結②宇賀神彩愛,総合太極拳(女子)優=清水由里香



©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード