公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
What's New

2015年度「第1期全国国体審判員   
   研修会・認定試験」実施要綱

「第16期全国審判員研修会」の翌日に,東京・佐賀・大阪で実施

【掲載:2015年10月15日】

今年度から,2019年から実施される「国体公開競技 武術太極拳」の審判員資格制度が実施される。来年(2016年)2月~3月に,東京・佐賀(鳥栖)・大阪会場で実施する「第16期全国審判員研修会」の各翌日に,「第1期全国国体審判員研修会・認定試験」の実施が予定されている。一昨年度から本年度にわたり東京,大阪,あるいは各ブロックの地域で「国体講習会」が行われてきた。

公認国体審判員は,①公認国体長拳審判員,②公認国体太極拳審判員の2資格。資格は4年間有効となり,更新によりその後も有資格者であり続けられる。

国体に向けて,いよいよ本格的な取り組みが進んでいる。実施要綱をPDFで掲載する。



©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード