公益社団法人日本武術太極拳連盟

文字の大きさ|中
文字の大きさ|大
文字の大きさ|特大
日本連盟公認資格

◆第22回中央技能検定委員会全体会議◆

2016年度の太極拳初段・2段・3段検定実施要綱決まる

【掲載:2016年8月15日】

「第22回中央技能検定委員会全体会議」が6月18日(土),日本連盟第5回定時社員総会閉会後,東京・四谷の「主婦会館・プラザエフ」で開催され,日本連盟太極拳技能検定委員会のメンバーはじめ各都道府県連盟の太極拳技能検定委員会委員長,総会参加者らが出席した。

議事は2015年度(平成27年度)の5級~1級検定および,初段~3段検定の実施報告が行われ,今年度(2016年度)の検定実施の問題点,提案事項などが協議された。併せて提出されていた2016年度(平成28年度)初段~3段検定実施要綱(案)が承認され,実施会場や日程などが決定した。

昨年同会議で決定された,近年の5級~1級の受験者数減少への対策①小規模の検定事業については実施回数を無制限とする,②従来「飛び級」受験として,一度に5級・4級・3級を受験する制度に加え5級・4級の飛び級を設けたことについて,今年度も継続することを確認した。

初段~3段技能検定を全国80会場で実施 受験申請手続き期限=8月15日(月)

日本連盟主催による「2016年度第22期太極拳初段~3段技能検定」は10月30日(日)の札幌市会場(初段・2段),仙台市会場(2段),高崎市会場(初段・2段),和歌山市会場(初段)を皮切りに,12月下旬まで全国80会場で実施される。初段は47会場,2段は20会場,3段は13会場となっている。次ページに日程・会場一覧を掲載する。各会場とも検定の前日に「事前講習会」を実施する。事前講習会は初段~3段検定受験者が,当該検定の前日に実施される講習会に限って参加できるもので,受験者以外の見学は許可されない。

京都市会場の初段および2段検定は,事前講習会会場と検定試験会場が異なるので注意されたい。その他の会場の事前講習会は,検定試験会場と同じ会場で行われる。

検定受験申請書類の提出期限は8月15日(月)。これは都道府県連盟の所属団体から都道府県連盟技能検定委員会への提出期限となる。

都道府県連盟技能検定委員会から日本連盟検定委員会への提出期限は8月31日(水)。

初段受験に関する事項として今年度(2016年度)前期に1級を取得した人が今回初段を受験する場合は,1級の「申請・登録報告用紙」で所定事項が記入され,所定の捺印がされたもののコピーを「初段受験申請・登録用紙」に添付して提出すること。なお,実施要綱・関係書類は6月下旬に日本連盟から各加盟団体へ郵送された。


技能検定委員会全体会議で今年度の技能検定事業が確定

―太極拳技能検定委員会名簿―

(公社)日本連盟太極拳技能検定委員会

委員長=辻本三郎丸,副委員長=菅野瑞子(東北・北海道B委員長),石野公子(北関東B委員長),塚原加代子(南関東B委員長),高見一枝(東海・北陸B委員長),梅本克己(近畿B委員長),増田泰治(中国・四国B委員長),梁井公美(九州・沖縄B委員長)

都道府県連盟太極拳技能検定委員会委員長

北海道=小平孝夫,青森県=奥村吉昭,岩手県=岩根節子,宮城県=松山恵美,秋田県=伊多波玲子,山形県=菅野瑞子,福島県=遠藤淑子,茨城県=塚原加代子,栃木県=柏戸禮子,群馬県=竹田福之,埼玉県=石川佐奈江,千葉県=石村恵利子,東京都=川端智子,神奈川県=椎名功,山梨県=清水明美,新潟県=吉田功,長野県=石野公子,富山県=碓井淳一,石川県=清水啓紀,福井県=大西義幸,静岡県=増田洋,愛知県=高見一枝,三重県=奥村誠之郎,岐阜県=杉山哲,滋賀県=田中美代子,京都府=寺沢優吉,大阪府=木田正宣,兵庫県=梅本克己,奈良県=飯降牧子,和歌山県=前田美智子,鳥取県=佐々木節枝,島根県=畠中純子,岡山県=増田泰治,広島県=大前一美,山口県=小西輝保,香川県=福田一恵,徳島県=中西洋恵,愛媛県=稲葉美子,高知県=久禮田倫子,福岡県=平塚あけみ,佐賀県=梁井公美,長崎県=三田村直子,熊本県=菅野明子,大分県=二宮顕司,宮崎県=大神憲子,鹿児島県=春田牧子,沖縄県=津波古保,日本学生連盟=増田勝



©JAPAN WUSHU TAIJIQUAN FEDERATION All rights reserved.
Adobe Readerのダウンロード