「第36回全日本武術太極拳選手権大会」開催直前情報

7月12日(金)・13日(土)・14日(日)
岡山県岡山市/ジップアリーナ岡山

ジップアリーナ岡山

36回目を迎える全日本選手権大会は、今年は五輪の影響で岡山県岡山市のジップアリーナ岡山(岡山県総合グラウンド体育館)で3日間にわたり実施される。

会場は、「晴れの国おかやま国体」の体操競技でも使用された体育館で、2015年に桃太郎アリーナからジップアリーナ岡山へ呼称を変更している。

入場観覧料は3日間を通して1,000円(高校生以下は無料)。観客席へは外靴のままで入れるので、観覧の場合は上履きなどの用意は必須ではない。館内には自販機コーナーや売店もあり、場外ではご当地グルメイベントも実施される。ただし、毎年、1日あたり2,000人以上の観客が入るため、昼休憩時間は特に混雑が予想されるので注意していただきたい。

また、会場周辺は岡山県総合グラウンドという総合公園で陸上競技場や野球場、武道館、プールなど多くの施設があり、ランニングコースともなっているため、時間帯によっては混雑が予想される。

競技種目は昨年と同じく個人・団体含めて全34種目で、「第15回世界武術太極拳選手権大会(中国・上海)」日本代表選手最終選考会も兼ねて実施され、全国の頂点をかけて、白熱の演武が行われる。

また、初めて全日本大会を岡山県で開催することを記念した式典を大会最終日の昼休憩時間に実施し、中国武術代表団を迎えて特別演武の披露を予定している。

皆さまのご来場をお待ち申し上げる。

会 場:ジップアリーナ岡山
 〒700-0012 岡山県岡山市北区いずみ町2-1-3
  TEL:086-252-5201
徒 歩:JR岡山駅西口から 約20分
車  :山陽自動車道岡山I.C.から 約15分
    岡山桃太郎空港から 約30分
バ ス:JR岡山駅西口から 約10分
※岡電バス 22番のりば 岡山理科大学行JR岡山駅東口から 約15分
※岡電バス・中鉄バス 7番のりば津高台団地行、国立病院行

※会場へお越しの際は、公共の交通機関をご利用ください

本大会成績発表はホームページが先行機関誌「武術太極拳」での掲載は8月号

本大会の各種目の成績発表は、日本連盟ホームページ上で7月15日頃までに公開する。日本連盟発行の機関誌(会報)「武術太極拳」、本大会入賞者成績発表およびその他詳細記事は、8月号に掲載する予定。

(日本連盟事務局 会報担当)