2018年度(第15期)長拳公認B・C級指導員合格登録者発表

2018年度(第15期)長拳公認B・C級指導員認定試験が9月1日(土)に東京の日本連盟トレーニングセンターで実施された。また翌日の2日(日)には、初級槍術の特別講習会が実施された。認定委員として、日本連盟から三船英、中村剛、中田光紀の3氏、特別講師として、王正氏が参加した。

今年度はB級に10人、C級に11人、合わせて21人が受験した。試験結果については採点基準に基づいて厳正な採点が行われたうえで、日本連盟常務理事会の承認を経て、正式な合否判定結果が出され、B級の受験者10人、C級の受験者11人の全員が合格した。

認定資格登録手続きは10月末日までに行われ、日本連盟では11月下旬ごろに日本連盟会長名による公認資格認定(賞状形式)と公認資格証明書(写真付きの身分証明書形式)を都道府県連盟あてに送付し、都道府県連盟から登録者に交付する。

2018年度(第15期)公認長拳B・C級指導員の合格者は次のとおり。

B級指導員合格者 10人

【岩手県】梅澤尭明、【富山県】倉嶋真理子、【石川県】山森重忠、【愛知県】下起亮次、下起悦郎、【大阪府】山本千恵、【兵庫県】花野宏美、森脇正奈、篠原由美、【奈良県】植島淳子

C級指導員合格者 11人

【山形県】小池千香子、【東京都】村田珠子、小林輝一、【愛知県】武田名美、【三重県】髙木圭子、【滋賀県】小島恵梨香、内野弘毅、【京都府】髙木千弘、【福岡県】三船千香、原田孝、吉岡美穂