【大会告知】「第36回全日本武術太極拳選手権大会」開催要綱

2019年7 月12~14日 ジップアリーナ岡山(岡山県岡山市)

出場申込み期限=2019年4 月10日(水)

「第15回世界武術選手権大会(中国・上海)」日本代表選手最終選考

公益社団法人日本武術太極拳連盟は2019年7月12日(金)~14日(日)、「第36回全日本武術太極拳選手権大会」を開催する。今大会は、東京五輪の影響により、会場を岡山県岡山市の「岡山県総合グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)」に移しての実施となる。

また、大会は「第15回世界武術選手権大会(中国・上海)」の日本代表選手最終選考も兼ねて実施される。

会場は、晴れの国おかやま国体で体操競技の会場にもなった施設で、約3,680㎡の開放感あふれるメインアリーナのほかに約738㎡のサブアリーナを備え、岡山県総合グラウンド内は体育館以外に陸上競技場や野球場、テニスコート、プールなども併設している。

最寄り駅のJR岡山駅西口からは徒歩20分、バスで10分ほど。

なお、岡山市内での宿泊については、岡山県連盟提携の山陽新聞旅行社より、利便性の高いホテルを多数用意し、受付は専用ホームページ等を2019年1月15日(火)開設の予定で準備している。宿泊については、大会チラシに案内を掲載している。

宿泊の専用ホームページはこちら。

出場申込み期限は2019年4月10日(水)<期限厳守>まで。

参加選手は大会要綱と合わせ、十分に注意して申込みすること。

会場となる「ジップアリーナ岡山」外観
会場となる「ジップアリーナ岡山」外観